ホームページに戻る
【大町市散策まっぷ】
 学童集団疎開の地 記念碑:大町市平10722
 犀竜の母子像:大町市平
 若一王子神社:大町市大町2097
 西山城址 朝日登り口:松川村(その他)
 矢田川の磨崖仏:大町市八坂9435
 高札(ひせ金札・毒薬札):大町市美麻
 オハツキイチョウ:大町市大町6665
 双体握手像:大町市大町3200
 居谷里湿原:大町市平6700
 水上神社の大杉:大町市美麻9070
 竃神社:大町市大町4718
 三日町若宮八幡宮のヒノキ:大町市大町98
 西国三十三番観音像:大町市平21771
 天正寺:大町市大町4730
 猫塚:大町市平
 舘之内仁科氏居館跡:大町市社5672
 仁科神明宮:大町市社1159
 鹿島神社:大町市平8510
 清水氏居館跡:大町市常盤346
 大黒天とシダレザクラ:大町市大町
 森城址(仁科神社):大町市平9675
 上原遺跡 小竪穴:大町市平1955−1429
 上原遺跡 配石跡:大町市平
 西山村郷倉跡:大町市常盤2052
 猿ヶ城址:大町市
 猿ヶ城烽火台:大町市
 双体その他像:大町市平2811
 大町温泉郷:大町市平
 仁科庚申堂:大町市大町5854
 八坂大滝:大町市八坂
 鷹狩風穴:大町市
 市民の森:大町市大町841
 大町防空監視哨跡:大町市大町4306−1
 女清水:大町市大町2547
 西宮神社:大町市大町
 高根町曽根田のエドヒガン:大町市大町7175-3
【北アルプス国際芸術祭2017】
 01:はじまりの庭
 02:たゆたゆの家
 03:∴ O = 1
 04:ちかく・とおく・ちかく
 05:北アルプス 高瀬川庭園
 06:私は大町でー冊の本に出逢った
 07:全ては美しく繋がり還る
 08:第1黒部ダム
 09:みすずかるしなの
 10:セルフ屋敷2
 11:土の泉
 12:龍の棲家
 13:土の道・いのちの道
 14:龍(たつ)
 15:Arc ZERO
 16:Trieb −雨為る森−
 17:水面の風景−水の中の光〜山間のモノリス
 18:夢の部屋
 19:不可視な都市:ロング・グッドバイ
 20:ACT
 21:山の唄
 22:源汲・林間テラス
 23:Sky of the Children in Omachi 2017
 24:べールの向こうに
 25:ウォーターフィールド(存在と不在)
 26:アルプスの湖舟
 27:雲結い(くもゆい)
 28:花咲く星に
 29:伽藍ヘの廻廊
 30:信濃大町実景舎
 31:無限折りによる枯山水 鷹狩
 32:風のはじまり
 33:Bamboo Waves
 34:集落のための楕円
 ホームページに戻る

◆大黒天とシダレザクラ(大町市大町)

 ⇒ 周辺地図
 ⇒ 動画再生1 動画再生2 動画再生3 

大町市指定有形文化財 第三十九号
 大黒町追分の石造大黒天像・附 版木
 平成八年三月二十五日 指定

 石造大黒天像は、花崗岩製で高さ百七十二cm、幅百五十七cm、厚さ四十cm、大黒天像を支える礎石は安山岩製で横幅二百五十cm、奥行百七十cm、高さ三十cmの大きさを計り、全体の高さは二m程になります。

 この大黒天像は、松本平では最も古く、最も大きい像であり、彫刻技術も優れたものであります。また、この像の建立を機会に町名を大黒町と改めたという経緯もあり、造立の由来、あるいは年代も作者も特定できるものであり、石造文化財から信仰の歴史を考える上にも重要なものであります。

 石像背面には陰刻銘があり、それによると江戸時代末期の嘉永五年(一八五二年)三月にこの像は建立され、当時新町と言われていた大黒町が施主・世話方となって、高遠領非持村より出稼ぎに来ていた二人の石工、伊藤徳十・留十によって造られたことがわかります。
 また、大黒天像が建立された由来については、当時町内中に配られたとみられる趣意書の「版木」が同町曽根原家に保管され、大黒天像と併せて指定保存されています。


大町市指定天然記念物 第三十八号
 大黒町追分のシダレザクラ
 平成七年四月二十六日 指定

 シダレザクラは別名イトザクラ・シダレヒガンなどと呼称され、バラ科サクラ属の落葉高木です。エドヒガンの変化したもので、全般的に病虫害に弱く、樹齢が短いため大怪木が少ないものです。
 大黒町追分のシダレザクラは、樹高は八・五m、目通り周囲三・〇五mを計り、現在のところ大町市内に見られる最大の個体で、均整のとれた樹形をもっています。

 このシダレザクラが生息する地は、大黒町追分と言われ、造立年代が江戸時代末嘉永五年(一八五二年)建立の石造大黒天像の西側に並び「大黒様のシダレザクラ」として、住民に親しまれています。
 シダレザクラは推定樹齢百五十年と考えられ、石造の造立年代とほぼ重なり、記念樹としてその当時植えられたという可能性も考えられます。

 花は、二・四〜二・六cmの淡紅白色で、花期は例年四月中頃です。