ホームページに戻る
【大町市散策まっぷ】
 学童集団疎開の地 記念碑:大町市平10722
 犀竜の母子像:大町市平
 若一王子神社:大町市大町2097
 西山城址 朝日登り口:松川村(その他)
 矢田川の磨崖仏:大町市八坂9435
 高札(ひせ金札・毒薬札):大町市美麻
 オハツキイチョウ:大町市大町6665
 双体握手像:大町市大町3200
 居谷里湿原:大町市平6700
 水上神社の大杉:大町市美麻9070
 竃神社:大町市大町4718
 三日町若宮八幡宮のヒノキ:大町市大町98
 西国三十三番観音像:大町市平21771
 天正寺:大町市大町4730
 猫塚:大町市平
 舘之内仁科氏居館跡:大町市社5672
 仁科神明宮:大町市社1159
 鹿島神社:大町市平8510
 清水氏居館跡:大町市常盤346
 大黒天とシダレザクラ:大町市大町
 森城址(仁科神社):大町市平9675
 上原遺跡 小竪穴:大町市平1955−1429
 上原遺跡 配石跡:大町市平
 西山村郷倉跡:大町市常盤2052
 猿ヶ城址:大町市
 猿ヶ城烽火台:大町市
 双体その他像:大町市平2811
 大町温泉郷:大町市平
 仁科庚申堂:大町市大町5854
 八坂大滝:大町市八坂
 鷹狩風穴:大町市
 市民の森:大町市大町841
 大町防空監視哨跡:大町市大町4306−1
 女清水:大町市大町2547
 西宮神社:大町市大町
 高根町曽根田のエドヒガン:大町市大町7175-3
【北アルプス国際芸術祭2017】
 01:はじまりの庭
 02:たゆたゆの家
 03:∴ O = 1
 04:ちかく・とおく・ちかく
 05:北アルプス 高瀬川庭園
 06:私は大町でー冊の本に出逢った
 07:全ては美しく繋がり還る
 08:第1黒部ダム
 09:みすずかるしなの
 10:セルフ屋敷2
 11:土の泉
 12:龍の棲家
 13:土の道・いのちの道
 14:龍(たつ)
 15:Arc ZERO
 16:Trieb −雨為る森−
 17:水面の風景−水の中の光〜山間のモノリス
 18:夢の部屋
 19:不可視な都市:ロング・グッドバイ
 20:ACT
 21:山の唄
 22:源汲・林間テラス
 23:Sky of the Children in Omachi 2017
 24:べールの向こうに
 25:ウォーターフィールド(存在と不在)
 26:アルプスの湖舟
 27:雲結い(くもゆい)
 28:花咲く星に
 29:伽藍ヘの廻廊
 30:信濃大町実景舎
 31:無限折りによる枯山水 鷹狩
 32:風のはじまり
 33:Bamboo Waves
 34:集落のための楕円
 ホームページに戻る

◆若一王子神社(大町市大町2097)

 ⇒ 周辺地図
 ⇒ 動画再生1 

別表神社
 重文 若一王子神社

御祭神
 伊弉冉尊 仁品王 妹耶姫 若一王子

由緒沿革
 北アルプス山麓に広がる大町市に鎮座する本神社は、垂仁天皇の御代にこの地の守りとなった仁品王が伊弉冉尊を奉祀したのにはじまり、後にこの地を治めた仁科氏によって、祖先神である仁品王とその后妹耶姫が合祀され、嘉祥二年(八四九年)に創建されたと伝えられています。降って鎌倉時代初期に、仁科盛遠宿禰が熊野権現(熊野那智大社)の第五殿に祀る「若一王子」を勧請してより、若一王子の宮と称されるようになりました。

 現在の本殿は戦国末期の弘治二年(一五五六年)に仁科盛康によって造営され、天正十年(一五八二年)に仁科家が滅びてより、松本城主の崇敬篤く江戸初期の承応三年(一六五四年)に水野出羽守源忠職が仁科の里六十六郷をして、宮大工金原周防により社殿の大改修がなされ、地方色豊かな地域の大社としての風格を備え、重要文化財の指定を受けております。

本殿
 境内には宝永三年(一七〇六年)に建立された観音堂(市文化財)と、宝永八年(一七一一年)に建立された三重の塔(県宝)が渾然一体となって立ち、神仏習合の姿を当時そのままに残しております。
 観音堂は、江戸時代に大町地方に設定された仁科三十三番札所の一番になっている。

観音堂

三重の塔
 昭和六年に県社に昇格、昭和五十一年に別表神社に加列され、名実共に仁科の里の大社として歴史と伝統を今に伝えています。

例祭    七月十七日
例祭奉祝祭 七月第四日曜日
      流鏑馬神事(県無形民俗文化財)
      舞台行事


長野県天然記念物
若一王子神社社叢

  指定日  昭和四〇年四月三〇日
  指定面積 二二.八六七平方メートル


 若一王子神社を囲み、うっそうと茂る美林である。そのほとんどが、スギ、ヒノキ、ツガ、イチイなどの常緑針葉樹から構成されているが、サクラ、カエデ、ケヤキなどの落葉広葉樹も含まれている。
 広葉樹は光を求めて林の外側にはみ出しており、上態学的に注目される。
 針葉樹のなかではスギの成育が目立つ。かつては、社殿周辺に幹囲が六メートルを越えるものもあったが、周辺環境の変化により何本かが枯死した。それでも幹囲が三メートル以上のものを何本か数えることができ、社叢全体としては美しいスギの純林の様相を呈している。
 天然林ではないが、平坦地の真中にこれだけの大面積の針葉樹の純林が見られるのは珍しく、貴重な資料である。
若一王子祭(2017/07/23-24)