ホームページに戻る
【大町市散策まっぷ】
 学童集団疎開の地 記念碑:大町市平10722
 犀竜の母子像:大町市平
 若一王子神社:大町市大町2097
 西山城址 朝日登り口:松川村(その他)
 矢田川の磨崖仏:大町市八坂9435
 高札(ひせ金札・毒薬札):大町市美麻
 オハツキイチョウ:大町市大町6665
 双体握手像:大町市大町3200
 居谷里湿原:大町市平6700
 水上神社の大杉:大町市美麻9070
 竃神社:大町市大町4718
 三日町若宮八幡宮のヒノキ:大町市大町98
 西国三十三番観音像:大町市平21771
 天正寺:大町市大町4730
 猫塚:大町市平
 舘之内仁科氏居館跡:大町市社5672
 仁科神明宮:大町市社1159
 鹿島神社:大町市平8510
 清水氏居館跡:大町市常盤346
 大黒天とシダレザクラ:大町市大町
 森城址(仁科神社):大町市平9675
 上原遺跡 小竪穴:大町市平1955−1429
 上原遺跡 配石跡:大町市平
 西山村郷倉跡:大町市常盤2052
 猿ヶ城址:大町市
 猿ヶ城烽火台:大町市
 双体その他像:大町市平2811
 大町温泉郷:大町市平
 仁科庚申堂:大町市大町5854
 八坂大滝:大町市八坂
 鷹狩風穴:大町市
 市民の森:大町市大町841
 大町防空監視哨跡:大町市大町4306−1
 女清水:大町市大町2547
 西宮神社:大町市大町
 高根町曽根田のエドヒガン:大町市大町7175-3
【北アルプス国際芸術祭2017】
 01:はじまりの庭
 02:たゆたゆの家
 03:∴ O = 1
 04:ちかく・とおく・ちかく
 05:北アルプス 高瀬川庭園
 06:私は大町でー冊の本に出逢った
 07:全ては美しく繋がり還る
 08:第1黒部ダム
 09:みすずかるしなの
 10:セルフ屋敷2
 11:土の泉
 12:龍の棲家
 13:土の道・いのちの道
 14:龍(たつ)
 15:Arc ZERO
 16:Trieb −雨為る森−
 17:水面の風景−水の中の光〜山間のモノリス
 18:夢の部屋
 19:不可視な都市:ロング・グッドバイ
 20:ACT
 21:山の唄
 22:源汲・林間テラス
 23:Sky of the Children in Omachi 2017
 24:べールの向こうに
 25:ウォーターフィールド(存在と不在)
 26:アルプスの湖舟
 27:雲結い(くもゆい)
 28:花咲く星に
 29:伽藍ヘの廻廊
 30:信濃大町実景舎
 31:無限折りによる枯山水 鷹狩
 32:風のはじまり
 33:Bamboo Waves
 34:集落のための楕円
 ホームページに戻る

◆森城址(仁科神社)(大町市平9675)

 ⇒ 周辺地図
 ⇒ 動画再生1 

森城址


 森城は鎌倉時代から戦国末期まで、約400年間北の守りを果す「後詰めの城」として仁科氏がこの地を支配するための重要な役割を果してきました。

 木崎湖に突き出た半島状の丘を利用して造られ、北と東は湖水に臨み、西と南は湖水の水を入れた堀に囲まれ、有事の際は湖尻の「せんば」をせき止めて水位を高め西側に水を入れるいわゆる水城の仕組になっていました。
 本城跡には仁科盛遠の「もとどり塚」、童話作家巌谷一波や加藤犀水・柿本環翠の句碑があり、湖水から引き揚げられた丸木舟等が保存されています。

巌谷一波の歌碑

加藤犀水の歌碑

柿本環翠の歌碑

えぐり舟

 この舟は、木崎湖中から発見されたもので、一本の栗材の丸太を丸ごとくりぬいて造られていることから「えぐり舟」と言われ、地元では通称「とっこ」と呼んでいました。原始時代から水上の運搬用具として用いられた古代船のなごりを残しており、木材を組み合わせた構造船に比べて丈夫でバランスがよく、記録によれば明治時代まで使用されていました。

仁科城跡の由来
 この森城は、仁科氏の拠城であり木崎湖の西岸に突出する半島状の丘を利用し、湖水から流出する農具川をせき止めて浮島とした一種の水城で、現在のB&G財団体育館の北に至る非常に広大な面積をもつ城である。戦国時代武田信玄が当城主仁科盛政を甲州に呼んで切腹させ、信玄の五男晴清を仁科五郎盛信と名乗らせて当城主として送込み、上杉謙信に対抗するため城の大修築をほどこした、戦国時代にはめずらしい程の大規模の城であり、遠く日本海糸魚川近くまでを支配した拠点である。仁科氏は九百年ともいわれる長い間当地を支配した豪族であり、平安朝の古くから京都の朝廷とのつながりをもち、その力を背景として栄え又塩の道と言われる日本海との移送税の収入が財力となって、小豪族ながら他の豪族にみられない中央文化を移入し仁科氏の古代文化を大町市や周辺に数多く残している。
国宝一、重要文化財十一、古い由緒を物語天然記念物一、県天然記念物二、県宝三、県史跡一、県無形文化財一、その他数多い文化遺産は、仁科氏のかつての繁栄をものがたるものであります。
阿部神社

 仁科氏が祖先である阿部氏を祀ったところである。
下畑遺跡
 縄文前期から弥生時代にいたる遺物を出土している。釣手土器の出土は珍品で郡内唯一の遺物。
かまたきば
 城の炊事施設があった。
せんば
 ここで農具川をせき止め水位の上昇をはかり堀への水を導入した。
機織り淵
 森城落城のとき、城主の妻が機とともに投身したと伝えられる。雨降る夜、淵の底から機を織る音が聞こえるという。
千国街道
 松本から糸魚川にいたる。昔は大町地方へ塩など海産物の入ってくる道でもあった。
鬼穴古墳
 六世紀から七世紀の古墳。長さ三・五メートルほどの半地下式の石室をもつ。昭和五十六年に復元し、直刀が出土している。